住宅ローン変動金利と固定金利

どの金利タイプが有利?

 住宅ローンの返済は長期であり、これから住宅ローンを組む人にとっては金利タイプについて悩む事も多いのではないでしょうか?
住宅ローン変動金利と固定金利ではそれぞれ異なるメリットがあり、またデメリットもあります。このメリットを生かして今後の住宅ローン返済をしていけたら素晴らしい事です。どちらの金利タイプが有利であるかなんて事は、一概には言えません。あくまで自分に合った金利タイプを選び、住宅ローン返済するしかありません。

変動金利は返済するごとに元金にかかる利息が異なります。金利が高い月もあれば凄く安い月もあります。また将来的に金利がどのように変動するかは誰にもわかりません。ただ、固定金利よりも低金利で融資を受けられるという所がメリットとなります。
しかし、金利変動状況によっては、固定金利よりも高利となる場合もあります。現在の日本の金利状況は歴史的に低金利状態です。現在の日本の金利状態であれば、変動金利タイプを選ぶ方も多いのではないでしょうか?しかし、現在は、低金利ですが、いつか絶対金利が上昇することも考えられます。

将来的にはどう変動するか分からないと言う事だけは念頭に入れておく必要があります。固定金利は、住宅ローン開始から、一定期間の固定金利か、完済までの固定金利で返済を行います。変動金利のように返済毎に金利が変動しませんので、返済計画を立てやすいという事がメリットです。
しかし、変動金利のように低利での融資という事にはなりませんので、変動金利と比較すると、現在の日本の金利状況から考えると、返済額が高くなってしまうと言う事がデメリットとしてあげられます。このようにどちらの金利タイプが有利であると言えないと言うのが現状です。

どちらの金利タイプにするかは自身が決定することであり、返済計画をどのように検討しているかということも関係してくるでしょう。ハウスメーカーや金融機関側からは、リスクを軽減するために最初から固定金利タイプでの融資を進める所が多いようです。しかし、元金がへれば変動金利で金利が上昇してもあまり負担がかからない程度に返済額となることも考えられます。結局は変動金利はどう変化を遂げるか誰にも分かりませんので金融機関側も安定を求めたいのでしょう。金利が1%上がるだけでも総返済額は多きく異なります。
しかし、今の日本の金利状況なら将来金利は確実に上がるでしょう。最近ではフラット35でも固定で低金利融資を受ける事が出来ますので、色々な住宅ローン商品を確認することも重要です。また金融機関によっても金利は異なりますので、自分に見合った金融機関、そして、金利タイプでの返済を選択してください。

 

住宅ローン金利で参考になるサイトリンク

今後の住宅ローン金利動向
住宅ローン金利の動向予想を行っています。今後住宅ローン金利は上がるといわれていますが固定金利と変動金利、どちらを選ぶのがよりお得なのでしょうか?過去との比較で正解を見つけます!
xn--hekm0a443zn8cr3ah4d71ynj9i.skr.jp/

(C) 2011 どっちがいい?住宅ローン変動金利と固定金利